リラクゼーション関連で働く人の給料

リラクゼーション業界において、成果報酬タイプが中心となっています。つまり、どれだけのお客さんに対して施術をしてきたかという部分で給料が支払われることになります。ここで注意をしたいのが求人票で書かれているようないかにも高収入という形で給料を手にできない場合がある点です。常にお客さんがいることで初めて求人票に書かれているすばらしい給料というものが手に入ります。ところが、お客さんが来ないとその部分の報酬は発生しません。拘束されている時間は長いのにもらえるお金はそうでもないという状況が起こるというわけです。

 

おすすめリラクゼーション給料

 

最近ではお客さんがいてもいなくても最低保証の賃金を用意するところが増えています。お客さんがいないと拘束時間内でも給料が発生しなかったのが、最低保証の賃金があることで一定のお金はもらえます。もちろん最低保証なので多くもらえるとは言いがたいですが、安心して働き続けることができるというのが大きな要素です。この最低保証タイプではリラクゼーション業界においてまだ少数派ですが、実際に導入しているお店ではその人のランクに合わせて値段が設定されており、それなりに高めに設定しているケースも見られます。

 

ここで気になるのは最低保証の賃金と成果報酬の兼ね合いができるのかどうかです。結論から言えば、どちらか多いほうを採用するところが多いです。つまり、拘束した時間で算出された報酬と実際に施術を行うなどして発生した成果報酬で多いほうが採用され、それが給料につながるというわけです。そのため、最低でも毎日これだけはもらえるというものがわかり、給料がより明確になります。もちろんいつ行ってもお客さんが来ないようなことはあり得ないので、かなり計算はしやすいと言えます。

 

これまでは働きたくても不安で働けない、技術はあるけど活用できないケースが多かったですが、最低保証タイプの制度を導入したところが増えることでより働きやすくなります。

TOPへ